FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シャナ向上委員会 お絵かき板の人々<第6回>
2008/06/09(Mon)
 すみません遅れました(汗)。ようやく6回目です!

 次回はdamaさんで掲載予定日は6/22(日)

 あと個人的な事情により、紹介はいったんdamaさんで切ります。続きは一寸先になりますが、よほどのことがない限り止めるということはありません。これはシャナ向上委員会に対する私の色々な想いがこもったものなので、PART1につきましては最後までやらせて頂きたく思っております。

 コメント返しは後ほどにorz。
  

 では、どうぞ!


*使用した画像は全て銀髪さんが描かれたものですので、無断転載はご遠慮下さいね。

    ~シャナ向上委員会・お絵描き板の人々~
     
           
           <第6回>




   gins1.jpg gins2.jpg
   gins4.jpg gins5.jpg


         ―銀髪さん(ginpatsu‐san)―  

                 (運営ブログ/白銀黙示録 携帯用はこちら



純真。白いキャンバスの好人



架空座談会…出席者/ハルヒン、キョン、鶴屋さん、長門有希(キャラはTVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱より)。



 夕方。長門のマンションにて4人、座卓を囲み神経衰弱。

鶴屋さん「(ひょいとめくり)やゃっ! おっかしいなぁ~。確かここだと思ったんだけどさ」

キョン「そこはさっき俺が取りました」

 と、キョンがめくる。見事カードは的中。悔しがる鶴屋さん。ハルヒン、咳払いして言う。

ハルヒン「え~、ではそろそろ紹介を始めたいと思います。皆さん宜しく」

 その言葉に合わせて絵を用意する長門。鶴屋さん、目をぱちくりさせ、

鶴屋さん「あれっ? 何か始めるの?」

キョン「(溜息をつき)銀髪さんという人の絵を、ここで紹介するんですよ。そのために集まったんじゃないですか」

鶴屋さん「あははっそうだった!(笑) ごめんごめんごっ。じゃあさっそくはじめるっさ!」

長門「(パソコン画面に真顔で向き絵を見せて)今から第6回シャナ向上委員会。お絵描き板の人々。銀髪の回を始める」 

 皆でパチパチと拍手。ハルヒン、座卓を見て、

ハルヒン「カードを片付けないとな……」

鶴屋さん「あ! 待つっさ。終わってから続きをしたいからさ」

ハルヒン「でも君負けてるんだぞ。それに誰が勝つかも解るしな」

鶴屋さん「((大きく頭を振り)なんの勝負はやってみなくちゃ解らないっ! 今長門っちがトップだけど、あたしは途中で投げる気はないっさ!」

 と、不敵な笑みで長門を見る。長門、絵を持ち全くの無表情。キョン、ハルヒン溜息をついて、カードを放っておく。





絵描きと題材の関係


鶴屋さん「(TOPの絵を見て)うわ~可愛いねっ! 銀やんの絵はなんかなごむよ」

ハルヒン「銀やんって(苦笑)。君より年上なんだからな」

鶴屋さん「じゃあ銀やんさんにするよ!」

ハルヒン「(苦笑)ともかく。なごむというのは解る。純真なんだよね。ネットで話しているだけなんだけど、絵を見て言葉を交わした印象では、林檎さんと銀さんに一番そういう心を感じる」

キョン「なんでそう思ったんですか?」

ハルヒン「絵も言葉も裏表がない。偽るとか駆け引きとかそういうことをするような表現ではないと思った。だから絵をみていると落ち着くし、こちらも心を開いてしまう。銀さんの絵は気持ちがまっすぐで穏やかだから、俺は好きなんだよ。まあ人柄だね」
 
 ハルヒン、3人に紙と鉛筆を渡し、ハルヒを描くよう指示する。数分後、描き上がる。

鶴屋さん「じゃーんっ! どうだ~っ!」

 と、前に突き出すよう見せる。紙には明るくて元気一杯なハルヒの絵。

長門「……完成した」

 胸の前へ静かに出す。そこには少し淋しそうな、写真と見まごうばかりのハルヒ。

ハルヒン「すげぇな……」

鶴屋さん「(目を丸くして)わ~長門っちすごいやっ! 画家になれるよこれっ」  


ハルヒン「(キョンを見)できた? みせてみ」

 キョン、無言で差し出す。そこにはそっぽを向く子鬼のようなハルヒ絵。  

ハルヒン「(苦笑)と、まぁこのようにだ。絵って言うのは描いた人の心を映し出すんだよ。誰を描いても何を描いても、結局自分を描いているものだというのが現在出した俺の結論だ。これから言うと絵描きは自分の中にないものは積極的に描かないことになる。絵が自己表現だとしたら、自分を表現できない題材は進んで選ぶはずがないからね。だからTOPの『まほらば』なんかは、まさに銀さん向きの題材だし無意識に選んでいるのだと思う。梢も純真なんだよ」


            gins6.png


            gins7.jpg


                 gins8.jpg


上:「涼宮ハルヒ」シリーズより涼宮ハルヒ。きれいな色使い。可愛い表情。カラオケを気持ちよく歌っている感じがよく出ている。GOOD!

中:銀さんの自画像。寒い季節、朝なかなか起きられないという図。どことなく漂うユーモアが心地好い。ちなみにハルヒンはこのような生活実感がこもった絵が好きである(笑)。

下:「みなみけ」より左から保坂、アツコ。ハルヒンは元ネタを知らないが、この絵は非常に面白くお気に入り。ふたりの表情が絶妙!






白いキャンバスに映る影


ハルヒン「銀さんはね、よく絵で二面性を表現してるんだよ。人間の表と裏、明と暗を。ここでは一番はっきりした絵は取り上げていないけど。これも半ば無意識な、彼の問題意識のひとつなんだろうね」

キョン「(訝しげに)……さっきハルヒンさんは、絵を自己表現だと言いましたよね。なら裏表をよく描いているというのは、銀髪さんにそういう心があるということになりませんか。それは純真だという銀髪さんの評価と相反するんじゃないですか」

長門「……(ハルヒンを見る)」

ハルヒン「う~ん、なんというか裏表は誰にでもあるんだよ。俺にも、君にも、鶴屋さんにも、長門にだってもちろんある。それは心が汚れているとかそういうことではなくて、ごく当たり前の人間の心なんだ。ただ表現者として世界や人間、そして自分に向き合ったとき、裏表というテーマに関心を持つかどうか、という話だ。で、そういうものを銀さんが絵で取り上げているのは、まさに彼が純真だからだと、俺は思っているんだよ。銀さん自身が白いキャンバスだから、はっきりと黒い影が映る。世界、人間、自分自身に対し、銀さんが今までの経験を通して影の部分というものを多く感じて意識しているんじゃないかなぁ」

鶴屋さん「銀やんさんは、ピュアなんだね」

ハルヒン「そうだな。もし本当に腹黒く、表向きの顔だけいい、という人間が居たとしたら、そういう自分に対して葛藤しないし、表と裏をはっき分けて表した絵なんて描かない。にこにこしてるけど何かどす黒いものが漂う絵を描くだろう。ただし、今までそんな絵には出会ったことがない。そういう人間は絵なんか描かないだろうしね。表現に向かう人間の多くは、自分の真実をはっきり示したいという意志と願いがある。現状で満足している、またはごまかしたいという人間はあまり表現しようという気にはならないのさ」

キョン「(溜息をついて頭を振り)なんか表現ってややこしいですね(苦笑)。俺には向いてなさそうですよ」

ハルヒン「そんなことはない。この中では君が一番、向いてると思うけどなぁ。小説書いたらいいと思うよ」

長門「……同意」

鶴屋さん「うんうんっ。あたしもキョンくんの書いたお話読みたいなぁ!」

キョン「なんで!」

ハルヒン「なんでって(笑)。ハルヒの絵は君が一番、"うまい”と思ったよ、俺は。表現ってのはそういうことなんだよ」


            gins9.png


                  gins10.png


上:「涼宮ハルヒ」シリーズよりハルヒと朝比奈みくる。「もしふたりが入れ替わったら? というアイデアで描かれている。覇気に満ちたみくると愛らしいハルヒの、普段からのギャップが面白い。

下:同じく「ハルヒ」シリーズから長門有希(向かって左)、そして「ゼロの使い魔」からタバサ(右)を合わせた絵。このふたりは外見性格資質において似通っており、そのことをよく指摘される。その特徴を活かした楽しい一枚。版画のようなタッチも面白い。






明るさとユーモア


ハルヒン「あと銀さんの絵は仄かにコミカルな雰囲気があって楽しいんだよ。笑うというより笑顔がこぼれるという感じかな。それが好いね。「まほらば」の白鳥君(絵本作家志望)じゃないけど、こども向けの本とか、漫画とか、ひょっとしたら向いているかもしれないよ」

鶴屋さん「それはめがっさみてみたいねっ。キョンくんの小説の挿絵を描いて欲しいっさ!」

キョン「俺は小説なんて書きませんから(と、横を向く)」

ハルヒン「(笑)それと明るい。さっき影と言ったけど、それはそういうものを(銀さんが世界や人間、自分自身から)感じて問題意識を持っている、という話で、彼の一番本質、根っこには全く闇がない。本当に明るいんだよ。その辺はぜろさんと似てるかもしれないね。ただぜろさんの方が男性性が強いと思うし、イメージはどちらも白だけど、ぜろさんはまだ何にも染まっていない白で、銀さんは確立された白だと、俺は思っている。ただ明るさの質というのはよく似ているんじゃないかなぁ」

長門「……(黙って絵を見つめる)」

鶴屋さん「(うなずき)明るいってのはよくわかるね。見てると元気をもらえる気がするよっ」

ハルヒン「そうだな。ちなみに騒がしいと明るいというのは違うからね。俺の言う明るさとは、強い光を放つ電球や大音量の音ではなくて、青空のようなものだ。騒がしくてうるさい人でも、心に雨が降っていたり曇り空の人もいる。物静かでも晴れ渡った空のような人もいる。ぜろさんも銀さんも、普段の言動振る舞いは知らない。だけどそういうことに関係なく、絵を見たら根っこが明るい人なんじゃないかなあと、俺は思うんだよ」

長門「(窓の外を指し)日が落ちている」

鶴屋さん「わっ。もうこん時間かぁ。そろそろお開きだね」

キョン「それじゃあカードも片付けますね(と、集めようとする)」

鶴屋さん「待つっさ!! お開きは紹介の方! 今日はお泊りだから、朝まで勝負だぜぃ~っ!」

 キョン、唖然とした顔で長門をみる。

長門「問題ない」

ハルヒン「ちゅーことで俺は帰るよ。今日はありがとな(と、絵を持ち立ち上がる)」

鶴屋さん「うん。ばいばいっさ。またね~っ」

長門「……(無言で別れの挨拶)」

キョン「(顔をしかめてハルヒンを見)ちょっと……泊まらないんですか?」

ハルヒン「(にやと笑い)頑張ってね~ノシ」

 ハルヒン、出て行く。キョン、なんとも言えぬ顔をし肩を落とす。そんな彼に追い討ちをかけるよう鶴屋さん、言う。

鶴屋さん「あ、ハルにゃんには今日のこと言っておいたから。もうすぐ来ると思うよっ。そしたらドンジャラやるっさ」





<シャナ向上委員会 お絵描き板の人々 (第6回) 銀髪さん ~完~>



*TOPの絵はテレビアニメ「まほらば」よりヒロイン蒼葉梢(あおば こずえ)の中に潜む四つの別人格。上段左から緑川千百合(みどりかわ ちゆり)、金沢魚子(かなざわ ななこ)、下段左から赤坂早紀(あかさか さき)、紺野棗(こんの なつめ)。銀さんは配色のセンスがあると思う。見ていてとても楽しく穏やかな気持ちになる絵。個人的に千百合の絵がお気に入り。GOOD!





             ハルヒンお気に入りの二枚!


  gins11.jpg gins12.jpg


*左は「ハルヒ」の長門。インテリ風! 学級委員長のような雰囲気がとても面白い。絵板に投稿されたときハルヒンもレスした思い出深い作品。
 右は「あるマンガで猫(幽霊)がとりついた人の頭の上にぶらさがっている場面をみてすごい描きたくなったので気力があるうちに描いてみましたw」(白銀黙示録より抜粋)とのこと。きれいな色使い、コミカルな場面が良く表現された一枚。GOOD!
スポンサーサイト
この記事のURL | シャナ向上委員会 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<シャナ向上委員会 お絵かき板の人々<第7回> | メイン | orz>>
コメント
-  -
お~こんかいは銀髪sでしたね。次回やったら一時休止ですか、再開する前までに1枚書き上げたいな

銀髪sの絵は書きたいものというのがはっきりしていて、分かりやすいって言うのいろんな書き方ができるのが魅力的だと思います。(まぁハルヒ等見たことがないんでどんなキャラかは分からないんですが

ぜろsと似てるというのは俺も思いますね。だからこそ明るい絵とかを違和感なく見れる、と思いますね。


っとまぁ若干短い気もしますがこんな感じで。



2008/06/09 23:35  | URL | かーめる #JXoSs/ZU[ 編集]
- 返信(かーめるさん) -
 早くのコメント有難うございます!


>次回やったら一時休止ですか、再開する前までに1枚書き上げたいな

 PART1は全部で16回ですから、本当は8回(半分)までやってから休止したかったんですけどね。まだお願いしていない方もいますし、一寸そうも行かない事情が出来ました。七月、八月に確実にネットで何かやる、というのが難しいんですよ。

 一枚といわずたくさん描いて下さい! 例外はあるものの基本掲載は6枚ですので、どうしても全部は載せられませんが……。ちなみに今、かーめるさんの絵は7枚保存させて頂いています。

 
>銀髪sの絵は書きたいものというのがはっきりしていて、分かりやすい

 そうですね。それが魅力だし、絵の力になっていると思います。良く考えると私ははっきりした絵が好きなんですよね(笑)。はっきりくっきりすっきり。銀さんの絵もそうだなぁ。

>ぜろsと似てるというのは俺も思いますね。

 上でも申しましたが、明るさの質が似ているなぁと思いました。前期紹介総決算として、シャナ向上委員会の絵師について絵の質、個性のグラフというのを次回掲載する予定です。お楽しみに~w。
 

 コメント有難うございましたw。
2008/06/11 01:15  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
-  -
コメントレスありがとうございました。
その場の雰囲気にあわせて文章を構成されてたわけですね。参考になりました。
続き楽しみにしてます!
2008/06/12 20:21  | URL | グワン #-[ 編集]
-  -
こんばんは★
ついに銀髪さんの回ですね! 久しぶりに拝見する絵がたくさんあるなぁ~って眺めていたんですけど、ここで紹介されてるイラストの半分くらいはちょうど私が向上にお邪魔させていただくようになった頃のモノなんですよね。それで当時の事を思い出して、なんだか懐かしくなっちゃいました!
ハルヒのカラオケしてるイラストとかもしもシリーズ、すっごい覚えてますよ~。色使いが綺麗で今見ても凄くいいですね★
トップのまほらばイラストにしても、銀髪さんの絵は本当色使いが暖かくてすごくかわいいですよね。
色鉛筆とかクレヨンとか、そういう暖かい画材が銀髪さんにはあってるような気がします。
きっとこの暖かさが銀髪さんの魅力そのものだと思うのです!
それにしてもこの千百合ちゃんのかわいさは異常。。。

ハルヒンさん、今回も紹介&SS楽しませていただきました! どうもありがとうございます★
鶴屋さんの自由っぷりがすごく良かったですw
かわいすぎるーーー!!
ところでもう明日はdamaさん紹介のUP日ですよね!?
めたウマ&めたかわいいイラストを描かれる方なので期待大です!!
更新楽しみにしていますね★
2008/06/21 23:56  | URL | star9 #kLoia8aY[ 編集]
- 返信(グワンさん) -
 大変お待たせしました(汗)。お名前が変わっていますがCLANNAD二次創作小説「水の音がきこえない」(2)にコメント下さったワップさんですよね? そのつもりでご返信を~。

>その場の雰囲気にあわせて文章を構成されてたわけですね。参考になりました。

 え~。実は私、漫画描きなんですよね(苦笑)。だから小説というより漫画っぽくなっているかもしれません。会話の書き方とか……。

 続きはもちろん書き次第掲載したいと思いますが、最近色々ありまして滞っておりますorz。ただどんなに中断しても必ず完結させすので、気長にお付き合い頂ければ嬉しいです。

 コメント有難うございましたw。
2008/06/25 00:34  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
- 返信(star9さん) -
 star9さんもお待たせしました。お久しぶりです。


>当時の事を思い出して、なんだか懐かしくなっちゃいました!

 懐かしいとは私も思いました。このときは私コメント書きまくっていたときですし(笑)。本当、懐かしいですねぇ……。


>きっとこの暖かさが銀髪さんの魅力そのものだと思うのです!

 そうですね。表現って結局人間性ですから。絵を見ていると銀さんの人柄がよく伝わってきます。


>鶴屋さんの自由っぷりがすごく良かったですw

 褒めて頂きとても嬉しいのですが、実はこの回のお笑い的な部分は苦しかったんですよ(苦笑)。
 
 このコントシリーズは「ボケ」「突っ込み」が必要でして、この回は鶴屋さんが「ボケ」役担当なのですが、彼女は「ボケ」的なキャラではないんですよね。本当は「突っ込み」の方なんですよ。原作的には。
 しかしキョンは完全に「突っ込み」ですし……。長門を「ボケ」役にするには私の力量が足りない(苦笑)。長門の語彙をまねられないんですよ。
 
 そういうわけでお笑い的には一寸悔いが残る回でしたが、主眼である銀さんの紹介の部分はきちんとできたかなと思いますので、ほっとしておりますw。


>ところでもう明日はdamaさん紹介のUP日ですよね!?

 なんとか投稿できました(汗)。楽しんで頂ければ幸いです。

 コメント有難うございましたw。
2008/06/25 01:14  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
-  -
いや~自分のことかいてある記事にどう反応したらいいんだろうか、とか考えてたらこんなに遅くOTZ

今回の配役は申し訳ないの一言ですw(苦笑
みくるとか消失Verの長門とかキョン妹とか天然発言ありの役者をチョイスすべきだったと後悔しとりますw
あとは谷口とか(^^;;

自分でみてて懐かしい絵ばかりですねw
2008/07/07 22:23  | URL | 銀髪 #zgUyPM1.[ 編集]
- 返信(銀さん) -
 お久しいです。後すみません(苦笑)。前に申した絵の感想と、小説の感想は近日中に書かせて頂きます!orz


>今回の配役は申し訳ないの一言ですw(苦笑

 いやぁ(苦笑)これも申し訳ないです…。銀さんのリクエストのせいではなくて、私の力量のせいですから。できないと思ったらやりますとは言いませんからね。最初できると思ったんですよ(苦笑)。


>自分でみてて懐かしい絵ばかりですねw

 丁度このころ必死にコメント書いていた時期なので、私も拝見して懐かしいです。おもしろかったなぁ。

 実はもう一度だけ、シャナ向絵板に投稿とコメントしようかなと思ってるんですけどね。最後の絵がシャナ関連の絵じゃなかったので、それが心残りでして。

 それで本当に終わりです。引退して夏休みに部活をのぞきに来るOBですよ(笑)。いつとは言いませんけどね、たぶん。

 コメントありがとうございましたw。
2008/07/08 00:00  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kisetsufu.blog112.fc2.com/tb.php/30-244e7e04

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。