FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
細田守は宮崎駿の後継者になるかもしれない
2007/09/26(Wed)
 え~本館の漫画が更新停滞してから、とうとう一ヶ月もの時が経ってしまいました(苦笑)。

 本日ようやく新たな脚本を追加しましたので、近日中には続きに取り掛かれるかと思います。申し訳ありませんがもうしばらくお待ち下さいorz。



 さて。前回の記事で「時をかける少女」に触れましたが、今回はそれの補足…というか更に詳しく、「時をかける少女」を通して、監督の細田さんの批評したいと思います。

 
 私は作品単体でみることは殆どなく、作者を語りたいのですよ。作品の作り手がどういう人間なのか、作品に何を託しているのかに最も興味があるのです。ということで細田評になってしまいますが、よければお読み下さい。
 私は「時をかける少女」をみるまで、細田さんの作品は未見でした。

 しかし名前は耳にした事があります。細田さんはあの宮崎駿さんの「ハウルの動く城」の監督候補だったからです。私は宮崎さんが好きでしたので、ジブリの情報はチェックしていましたから…。

 結局細田氏は「ハウル」を監督することなく、当時私が細田さんの作品に触れる事はありませんでした。

 
 そして結果宮崎さんが監督された「ハウル」は、いちファン、観客として個人的に哀しい出来であったと言わざるを得ません。宮崎さんの欠点が多大に出た、衰えの見え始めた作品でした。今「時をかける少女」を見て、詮無いことですが、細田さんが「ハウル」を監督していたらどうなっていただろうと、考えてしまいます。


「千と千尋の神隠し」から「ヤバイ」と思っていましたが…。宮崎さんについては後日語りたいと思います。



「時をかける少女」の素晴らしいところは、映画になっていたところだと前回の記事で書きました。で、その映画になっているというのは「他人の人生を描ききることだ」とも。それをもう少し詳しく書きたいと思います。


 私は主にハリウッド映画を中心に、映画を集中的に一年間、勉強のために見た時期があります。

 その中で私が感動したものは全部、ハッピーエンドにしろ哀しい結末にしろ、人生を感じさせるものでした。つまり人間はいつかしぬもので、その間悲喜こもごも、喜びや苦しみを味わいながら過ごしていく……ということが短い時間の中できちんと描かれているのです。いや、その短さも、人生の短さ儚さ、そしてそれゆえ一瞬の美しい輝きを感じさせて、私には「リアル」でした。私にとっては映画こそが、他のあらゆる媒体を押しのけて最も「リアル」に感じられる、人間についての言葉なのです。 

 ただし優れた映画に限ってです。折角表現方法として高い可能性を秘めた媒体であるのに、殆どの映画がそれを成さず、よくて程よい娯楽、悪くて時間の無駄という…。それは産業であり、多大な人間が製作している以上仕方のないことなのですが…。


 話が逸れましたが、細田さんの他作品は「時をかける少女」をみて感激したので幾つか見ました。どれも素晴らしいです。その素晴らしさはやはり「映画になっている」という所でした。この人は映画というものが解っている…そう思ったのです。

 氏に対してと同じような感想を私が抱いている日本の映画監督はビートたけしこと北野武さんと、「ウォーターボーイズ」「スゥイングガールズ」の監督、矢口史靖(やぐち しのぶ)さんです。私はあんまり邦画を見ていませんが、今現役の邦画監督の中で「映画になっている」映画を撮っているなぁと思っているのはこのおふたりだけです。

 細田、北野、矢口の三氏はそれぞれ違った個性がありますが、共通している事がひとつあります。それは客観性があり、クールということです。そしてこの客観性こそが、他人の人生を描ききるために最も必要な監督の眼、なのです。

 日本の監督はどうも突き放してみる…という事が苦手で、独りよがりの狭い観念に走る傾向があり、多種多様の人間がそれぞれ違う人生を歩んでいるということを描くのが下手なのではないかと考えています。

 作品というのはテーマがあり、そのテーマによって人間が描かれるのは間違いないのですが、日本のはどうも閉じているのです。個があって全体があるのではなく、全体を分解したものが個というか…。これはほぼ単一民族である日本人の資質なのでしょうが、ドラマの豊かさは、これによって阻害されていると思います。

 上に挙げた三氏はそういう日本人的資質を多分に含みつつも、かなり冷静な目をもってドラマを作られているので、そこが他の監督と一線を画しているのではないでしょうか。


 ただこれは欠点にもなります。細田氏の話に戻りますが、氏の長所でもある冷静な眼は、しっかりとした構成や、映画的感動を生むと同時に、観客を熱狂させることも少ないのです。簡単に言うと賢い作品で、みっともなさがない。不定形のひっかかりや落ち込むくぼみがないのです。 

 先に挙げた宮崎さんの作品群ははっきり申しまして「うまい」物語ではないと思います。しかし、引っ掛かりだらけなのです。単にキャラが立っている、美少女が可愛いとか、設定が細かい、美術がきれいとかそういう問題ではなく、誤解を恐れず言えば宮崎さんがまっすぐでみっともないからです。それが氏の作家性であるわけです。細田さんはこのままの作風だと、多分私のようなマニアには「細田さん」と認識されても、一般の普通に映画を楽しんでいる人たちには「細田さん」と知られることはないのではないでしょうか。


 なのにタイトルに「宮崎駿の後継者になるかもしれない」と書いたのは、私が最近見たアニメーションの中で、細田さんだけが一般性と質の高さを併せ持っていた、今後そういう作品が作れるのではないか、という可能性をみたからです。

 芸術的な作品を創っている方も、マニア向けの作品を創っている方も、一般的な作品を創っている人も居ますが、宮崎さんのようにそれらを全て持っている現役の邦画人は現在の所居ないのです。細田さんはそういう意味で、後を継ぐ資質を持っておられるのではないかと、作品を見て私は思いました。

 同じく私が高く評価しているアニメーション監督、新海誠さんがそうなられるか…と期待しましたが、「秒速五センチメートル」を見て、「あぁ…マニア向けの方にいってしまわれた」と思いました。折角多くの人にアピールできる資質を持っておられるのに…。解る人だけ解れば良い、という所に向かってしまわれたことが、大衆娯楽の担い手の登場を期待していた私は非常に残念でした。


 細田さんにはそういう意味で、一ファンとして強く期待します。そして細田さん以外にもそういう人が映画界にたくさん出てきたら良いなぁ、と思っています。

 

 以上です。長文失礼しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | アニメの話 | CM(8) | TB(1) | ▲ top
<<宮崎駿論 作家が老いるとはどういうことか | メイン | 復活。>>
コメント
- コメするまでに時間かかっちゃった(汗 -
どうも~(ここでは)お久しぶりですw
久しぶりに凍結中の小説書こうかと思ったら続きが全然浮かばなかった銀髪ですOTZ

ん~宮崎さんの作品のジャンルはオールマイティで、新海さんはインディーズ向け、細田さんは未確定・・・って感じなんでしょうか?w

宮崎さんの担い手になる人たちが増えたらいいですねw

それにしてもハルヒンさんの観察眼はすごいですねw

私はおもしろいとか見応えあるとかそういう感じでしか見てないですよ(汗
2007/09/28 13:02  | URL | 銀髪 #zgUyPM1.[ 編集]
- 返信(銀さん) -
 star9さんの所での返信有難うございました。あちらであれ以上続けるのはまずいかなと思ったので…こちらで返信させて頂きます。

 絵板へは漫画を描き次第参加しようと思います。あいしあさんが投稿された時コメントしたかったんですがね…。

 ヨンコマの感想有難うございます。あれは苦労したので報われました(笑)。ヨンコマって実は結構大変なんですよ。普通の漫画より楽そうな感じがしますけど(苦笑)。手を抜いたら(ヨンコマは普通の漫画より)楽できますが、抜かなければ、ということでw。

 パンダーな服装はstar9さんのリクです。銀さんも「自分はこういう格好にして欲しいというリクがあれば、どうぞ~。

 大分先にはなりますが、描かせ頂きますので。憶えておいて下さいw。

 死亡ネタとありますが、(キャラ銀髪を)ころしたり傷つけたりしても怒らないのですか? なら笑いの幅が広がるのでさせて頂きますがww。

 笑いって結構残酷なんですよね。だから難しいんですよ。私はコントに自分を登場させる時は、自分を殴ったり吹っ飛ばしたりして笑いを描いています。それなら誰も傷つく事はありませんからね。

 以上で返レスへの返信を終わりますw。


 次にこの記事への返信です。


 小説ですか。私も書いてたことありますよコメディ小説(笑)。HPに載せようと思うんですが、長いのでタグ(文をきちんと表示させるために入力する記号)を大量に打ち込まないといけないので、それがしんどくて(苦笑)放置しています。

 ともかく。物語は最後まで書き上げることをお勧めします。そうでないとうまくならないので…。頑張って下さい!


>ん~宮崎さんの作品のジャンルはオールマイティで、新海さんはインディーズ向け、細田さんは未確定・・・って感じなんでしょうか?w

 これは微妙に違います(笑)。「ジャンル」というより作品が持つ雰囲気なんですよ。最初から「ある層しか相手にしないよ」という雰囲気の作品が、最近多いと思いますね。

 アルプスの少女ハイジみたいな作品が少ないというのが哀しいなと。広くて深いという…。そういうものを細田さんには期待しているのですよ。


>私はおもしろいとか見応えあるとかそういう感じでしか見てないですよ(汗

 私はマニアで、こういうことを考えるのが趣味だからですよ(苦笑)。銀さんのが普通なんですwwwwww。興味のないことには分析なんてしませんよ(笑)。

 
 観察眼も、多少あるとしたらこういうものに対してだけです。他の事にはないですよ。最近はっきりしました(苦笑)。


 コメント有難うございましたw。
 
2007/09/28 20:27  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
-  -
>star9さんとこの

>star9さんの所・・・~・・・頂きます


はいな~w

>4コマの感想・・・~・・・ということでw。

ですねwマンガは1話分何ページかで表すのに対して、4コマって起承転結を4つの絵で書かなきゃいけませんしねw
私のなんちゃって4コマでも書くのしんどかったし、ハルヒンさんはさらに手の込んでのを5、6個も作ってますしw

>パンダー・・・~・・・あれば、どうぞ~

star9さんがパンダ・・・なら私は猫でwイメージを簡単に伝えるとARIAのマーくんのようなw(ぁ

>死亡ネタ・・・~・・・からね。


死亡ネタはハルヒンさんがかきやすいならどうぞ~
なんでかっていうとハルヒンさんに余計な負担をかけたくないからですw
あとは自分が相手にどういうキャラづけされてるのかわからないので、死亡ネタを省くとなんかインパクト(まぁもともとないんですけどw)なくてキャラとして成り立たない気がして(苦笑


>ここへの返信

>小説・・・~・・・て下さい!

あい~頑張りますw


>これは・・・~・・・ますね。

あ~なるほどwそうゆうことでしたかw
2007/09/29 12:06  | URL | 銀髪 #zgUyPM1.[ 編集]
- 返信(銀さん) -
 マー君ですかwww。私の記憶では確かちっこいすぐ噛み付く奴ですよね(笑)。しかしあれもネコというより(見た目が)パンダのような…ww。

 解りました。気長にお待ち下さいw。

 まぁあぁは書きましたが、死亡ネタは多分ないと思います。暴力的な事には巻き込まれるかもしれませんがw。

 いつもコメント有難うございます。ではではw。
2007/09/30 19:13  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
-  -

たしかにマーくんは目が小さいので間違われそうですがw

まぁそこは

>1コマ目
「なぜstar9さんのパンダの着ぐるみのパクりを?」

「パクりじゃないです!これは猫ですw」

>2コマ目
「・・・・・・猫?」

「猫w」

>3コマ目

「・・・・・・」

「・・・・・・」

>4コマ目
「うそつけ~~~!!」

「グハッ」






とまぁなんとかw(なんとかってなんだ!o-_-)=○☆-×)(左:ハルヒンさん、右:私。←上の4コマ目もこんな状況w)
2007/09/30 23:49  | URL | 銀髪 #zgUyPM1.[ 編集]
- 返信(銀さん) -
 返信が送れてすみません(汗)。

 漫画の原作が!ww これはstar9さんと競演しないとわかりにくいネタですよね(笑)。競演して頂きましょう。今度聞いておきますw。

 数本描くつもりですので、そのうちの一本として使わせて頂きます。ただし、私は銀さんを殴りませんよ(笑)。(銀さんを)殴るとしたら他キャラですね…。

 と、いうことで気長にお待ち下さいw。

 
 コメント有難うございましたw。

 
2007/10/03 05:16  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
-  -
なんだか4コマ続編登場の予感。。。。っ!!
物陰で期待しつつお待ちしてまーす!

今回は監督さんのお話ですね!
私はあまり映画は詳しくないので、あまりたいそれた事を言うのははばかれるのですが、宮崎さんの「もののけ姫」以降の作品はなんだか心に残らないな~と感じています。
ただ単にもののけ姫がよく出来すぎていたのかもしれませんが、そこら辺のひっかかりが次回以降の記事で明かされるのでしょうか。。。
また次回の更新も楽しみにしてますよ~★
2007/10/06 17:02  | URL | star9 #kLoia8aY[ 編集]
- 返信(star9さん) -
 遅れてすみません;;。

>私はあまり映画は詳しくないので、あまりたいそれた事を言うのははばかれるのですが、宮崎さんの「もののけ姫」以降の作品はなんだか心に残らないな~と感じています。

 star9さんはもののけ姫が一番お好きでしたかね? そうなら私と同じですな(笑)。詳しくは宮崎さんについての記事のときに書きますが、「ハウル」と「千尋」は映像美はともかく、ストーリーに問題があると思いました。特にハウルが。

 4コマについてはまた今度、絵チャでご一緒した時「再出演」(笑)して頂いて宜しいかお聞きします。


 コメント有難うございましたw。
2007/10/08 00:43  | URL | ハルヒン #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kisetsufu.blog112.fc2.com/tb.php/11-1032e048

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時
感動しました。人が育っていくのに母親の愛が大切であることを感じさせてくれます。また子供にあらためて愛情をもって接しなければ、という思いを強くしました。母親だったら涙なくしては読めないでしょう。子供たちにも読み聞かせましたが、皆それぞれの心に何かを感じてく …
2007/09/30 20:09  みかの記録
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。