FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
俺の版権がそんなに可愛くなるわけがない
2010/11/15(Mon)
 
 oreno.jpg

 このタイトルは使い勝手がよすぎるやろ(笑)ということで、描いてみました。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」より京介と桐乃です。記事のタイトルは、まあそのまんまですが「私の描く版権画はあんまり可愛くない」ということです(苦笑)。
 
 原作挿絵の人ちょーうめーとか思ってたら、アニメーターと知って納得。単にうまいだけでなく、デザインがシンプルで立体的なので、他者が描きやすいようになっています。なのでよく原作離れを起こす私でも、とくべつそうなることはありませんでした。

 アニメは面白いです。原作はまだ読んでいませんが、一巻は買いました。アニメが面白かったから、ということでなく、いろいろ思うことがあったからです。何かは言いませんけどね。

 この作品はキャラの作り方が、商業作品としてうまいと思います。某掲示板でえらいキリノが叩かれてましたけど(苦笑)。私には、キリノはただアニキに甘えているようにしかみえませんでしたけどねぇ。まあそれは私がオッサンだからでしょう(苦笑)。

 ということでにらみあって体を寄せる、仲のよい兄妹というイメージを絵にしました。


 以下は拍手お返事です。おくれてすみません!

 >ぜ、前回よりも加速的に親密になっている……!!のかな?「喜ぶ言葉を放つがいい」が、智代さんじゃなくてリトバスの来ヶ谷さんに聞こえたのは中の人ネタです。しかし失望しつつも親密にってことはあれですね、軌道修正と言いますかね、そういったもんですかね。これが十年もすると「智代、結婚してくれ」「もうしてるじゃないか」「世界で一番、智代を愛している」「いつ聞いてもうれしくなるな」「これから私のことは、は、はにぃと呼んでいいぞ……だぁりん」「……まぁ、お前がそう言うなら」 とかのたまうんでせうか。じかんっておっそろしーねー。 次回も期待しています。

<クロイ≠レイさん 11/05 21:05 CLANNAD二次創作「水の音が聞こえない」(13)>


 いつもありがとうございます! とても励みになっています~。
 
 リトバスはやったことがないので分からないのですが、中の人がそういうセリフを言ったことがあるのですか? しかし来ヶ谷という子は画像検索してみると、凛々しい感じがしますね。どんなキャラなんだろう。

 ようやくふたりが名前で呼び合うところまでこぎつけました(苦笑)。まだ付き合ってすらいませんけどねorz<ヒー!

 え~っ、これから智代の問題、岡崎の問題、ふたりの問題と描くものがたくさんありますが、果たして50話で締められるのか、あたたかく見守って頂ければ幸いです。

 コメントありがとうございましたw。

スポンサーサイト
この記事のURL | 創作全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
CLANNAD二次創作「水の音が聞こえない」(13)
2010/11/05(Fri)
 popo.jpg

(前回頂いたコメントへのお返事はこちらでしています。ありがとうございました。) 

 HPを再開してから、初めての更新ですね。今年中にあと一回くらいは……できればいいな(オイ)。

 あとHPですが、トップ画像は基本的に数ヶ月変わりません。更新情報はトップページの一番下に書いてありますので、それをご参照下さい。あ、画像変わってないから更新ないんだ~、とは思わないで~(苦笑)ヒー!>orz

 更新項目が多すぎて、どれから優先していくべきか迷うんですよね。うーむ。

 あとですね。ピクシブに短編小説UPしてますので、よかったら読んでみて下さい~。→これ。

 出版社がやっている短編賞応募作ですが、先が浮かんだので、落ちたら後に続編を書こうとおもいます。読んで頂ければ解りますが、どうみても完結していないので(笑)。そのときは主人公とヒロインの名前を変えます。


~お読みになる前に~ <お願いです!>

・これはゲームブランド「Key」が発売した「CLANNAD」の二次創作小説です。発売元および関連会社と著者は関係ありません。

・ストーリーは「智代ルート」を基としています。

・執筆にあたり参考にしたのはネットで収集した「CLANNAD」についての情報です。それに著者の案が加えられた形となっています。なのでストーリー、および若干キャラクターに変更点があります。変更していない部分はネタバレですので何卒お気をつけ下さい。

・なるたけ原作のキャラクター像を順守していますが、主人公である岡崎だけは一人称という語り口なためどうしても著者の性格資質が混ざってしまい、印象に大きな違いが表れるかと思います。原作のテーマとずれがあるかもしれませんが、著者なりの「CLANNAD」に対する見解を示しています。

・現時点で登場、またはそれが確定しているのは岡崎、智代、春原、杏、椋、岡崎の親父です。

・問題があれば削除します。お知らせ下さい。


 


 では、どうぞ!
この記事のURL | CLANNAD二次創作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。