スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
絵を描き始めた人向けのイラスト講座
2008/08/29(Fri)
 今回は主に絵を描き始めた人に向けてのイラスト講座です。
この記事のURL | 映像表現全般 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
漫画・映画・アニメ 私的ベスト5
2007/08/29(Wed)
 本来なら前回の銀髪さんのコメントを受けて、日本のドラマの特徴について述べる所でしたが、予定を変更させて頂きます。すみませんorz。

 というのは、一寸軽い話題をしたかったんですよ(苦笑)。今までの話は濃かったですからね…。ここらで気軽に読めるようなものを…ということで!

 <私的映画ベスト5>

1.ゴッドファーザーPARTⅡ(1974年/フランシス・フォード・コッポラ監督) 

2.七人の侍     (1954年/黒澤明監督)

3.2001年宇宙の旅  (1968年/スタンリー・キューブリック監督)

4.真夜中のカーボーイ(1969年/ジョン・シュレシンジャー監督)

5.エレファント・マン(1980年/デヴィット・リンチ監督)


 <私的漫画ベスト5>

1.寄生獣      (岩明均/講談社・月刊アフタヌーン連載/1990~1995)

2.オフサイド    (塀内夏子/講談社・週間少年マガジン連載/1987~1992)

3.TO-Y       (上條淳士/小学館・週間少年サンデー連載/1985~1987)

4.星の瞳のシルエット(柊あおい/集英社・月刊少女りぼん連載/1985~1989)

5.火の鳥/鳳凰編   (手塚治虫/虫プロ商事・COM連載/1969~1970)


 <私的アニメベスト4>

1・赤毛のアン(高畑勲監督/フジテレビ・世界名作劇場枠にて放映/1979)

2.もののけ姫(宮崎駿監督/劇場公開作品/1997)

3.時をかける少女(細田守監督/劇場公開作品/2006)

4.∀ガンダム (富野由悠季監督/フジテレビにて放映/1999~2000)

5.雲のむこう、約束の場所(新海誠監督/劇場公開作品/2004)

次点…BLACK LAGOON(片渕須直監督/UHF各放送局にて一期・二期と放映/2006)



 データは塀内夏子さんの「オフサイド」連載期間年数以外、ウィキペデイアを参照しました。

 また、映画の公開年は制作国に合わせています。

 
 映画の挙げている作品や、アニメに関してジブリコンビを挙げている部分に、「いかにも」な印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、これは全く個人的な趣味です。漫画のベストを見て頂ければ解ると思いますが…。


 次回はこれらベストについて、個々に語りたいと思います。ではではw。
この記事のURL | 映像表現全般 | CM(8) | TB(1) | ▲ top
漫画とアニメと映画があればいい(終)
2007/07/17(Tue)
(頂いたコメントの返信は前回のコメント欄にしています)


 さて。大体このような感じで私は漫画やアニメ、映画のファンになって行きました。出発点は漫画で、そこから広がっていった、という感じですね。


 私が映画が好きなのは、それが私にとっての、世界のリアル(真実)だったからです。


 映画は二時間前後でひとつの物語を語ります。そしてあの横長い画面。限られた時間、限られた空間で世界を切り取っているわけです。この制限がある、そして足りない部分を想像で補うというところに、非常に真実味を感じました。

 私たち人間も人生に限りがあり、また寿命を終えるまでに全てを知る事はできません。世界がどうなっているとか、人間はどうなのだとか、完全には知りえないのです。なので足りない部分を、得た知識をもとに想像によって補い、知っていることにしています。本当は解っていないけれど、知ってるんだよと。

 何か悪いことのように書きましたが、それでいいんだと思います。

 
 それに解らない事、つかめないものがある、という事は想像力を刺激し、未知のものに対する好奇心がわいてきます。それが結局何なのか、解る事よりも、手に入れることよりも、ああだこうだと好き勝手想像し話している事そのものが楽しいんじゃないでしょうか。


 だから結局優れた創作物というのは、世界におけるある重要な断片を拾ってくる事が出来ているものじゃないかと、私は思っています。かけらなんですよ。全体像を想像できる、いいかけら。これを発見(気付く)ことができるかどうかが、創作の分かれ道なんじゃないでしょうか。


 …何かびみょーに話がずれてますが、


 これが徒然草です(苦笑)。


 話があっちに飛んだりこっちに飛んだりしますから、読まれる際はお気をつけ下さい。orz

 
 今回は以上です。次回は漫画家、岩明均さんについてのお話です。お楽しみに~ノシw
この記事のURL | 映像表現全般 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
漫画とアニメと映画があればいい(2)
2007/07/15(Sun)
(頂いたコメントの返信は前回のコメント欄にしています)


 前回の続きです。映画を好きになったきっかけのお話…。


 私は16歳の時、岩明均さんの「寄生獣」、塀内夏子さんの「オフサイド」というふたつの漫画作品を読んで大変感動し、漫画を描いてみたいなぁと思うようになりました。

 で、先に挙げたおふたりのような作品に憧れて、「あんな作品を描いてみたい!」と思っていたわけですが、どのようにしたら描けるのか、16歳の少年には皆目見当もつきません(苦笑)。そこで色々漫画の描き方が載っているハウトゥー本や、その他色々を読むわけですが、その中に手塚治虫さんの本がありまして(何の本かは失念orz)、手塚さんがこう言っておられました。


 「漫画家になりたければ一流の本を読み、一流の映画を見て、一流の音楽を聴きなさい」


 記憶頼みなので細部は間違っている可能性がありますが、大体このような言葉だったと思います。つまり一流の作品に接しなければいけませんよ…ということでした。

 
 これは刺激されますよ(笑)。


 しかもその言葉を残しているのが漫画界のみならず、表現界にその名を印す手塚治虫。背伸びしたい盛りの少年は大いに触発されたわけです。

 このまま話が脱線しそうなので切って(笑)、つまりそういうわけで映画を大量に見ようと思い立ったのです。


 ただし、実際に行動に移したのは高校を卒業してからです。高校時代は特に何もしていません(←おいっ!! 苦笑)


 まぁそれはともかく。前回の終わりに書かせて頂いたように、ビデオ屋で毎週5、6本借りてきて見ました。さすがに毎日見るのはきついので、5、6本なわけです(笑)。

 その中身ですが、手塚さんの言葉に倣って一流の作品を見なければならない…ということで、白黒作品、それもアカデミー賞に選ばれたものを中心に選びました。現在までのアカデミー賞を載せた本があるのですよ。それを参考に探し見たわけです。


 もう眠かったですね、最初はwww。それまでTVでジャッキーチェンの映画とキョンシー、あとグーニーズなどしか見ていませんでしたからね(笑)。幾ら名作とはいえ、何十年も前の白黒字幕洋画はきつかったです。
 
 そう。テレビは吹き替えがあるじゃないですかww。ジャッキーとサモハンキンポー(デブゴンの人)はあの声優さんじゃないと駄目なんですよ(笑)。今は勿論字幕で全然良いのですが、でも吹き替える場合、あの方たち以外の人にやって欲しくないですねぇw。

 
 とにかく。最初はきつかったのですが、次第に慣れて来て、白黒カラー含めて「名作はやはり名作だなぁ」…と本当に解っていたのかいないのか怪しいながらも順当に(笑)映画マニアになっていきました。

 
 なので私の基礎教養はハリウッド映画なのです。それが映像表現を見るときの、自分の価値基準になっていることは否定できないと思います。


 こうして漫画の勉強のために見ていたはずなのに、漫画より映画のほうが好きになってしまい(笑)、いつかは映画を撮りたいなぁ…とおもいつつも漫画を描く人になってしまいましたwww。

 自意識が漫画描きというより、紙に映画を描いているという感じですからね。だから当然アニメーションにも興味がありますね…。新海誠さん(『秒速5センチメートル』の監督)の活躍は、羨ましくもあり刺激にもなりました。


 ……何か良く解らない文章になりましたが、これが徒然草です(苦笑)。それは前の「徒然」を読んで頂ければ解ります。もうめちゃめちゃですからorz。


 と…いうことで次回に続きます。ではではノシw
この記事のURL | 映像表現全般 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
漫画とアニメと映画があればいい(1) 
2007/07/13(Fri)
 (頂いたコメントの返信は前回のコメント欄にしています)


 そろそろ更新しましょうか(笑)。何書こう…。

 え~っと。私は漫画やアニメ、それに映画が好きなんですよ。HPを作ったのもそういう理由からです。ここもそうですしね。

 私は28歳です。このくらいの歳になると、他の真っ当な成人男子はですね(笑)…普通こういう事から卒業するのですよ(苦笑)。仕事として関わっている人はともかく。私も最終的には仕事にしたいんですけど…(うーむ)。

 で、何故好きになったか…ということですが、それは多分殆どの方と同じだと思います。気がついたら好きだったんですよ(笑)。

 まぁ尤もらしい分析をすると例えば……フィクションによって現実の憂さ晴らしをしていたとか。しかしそういう分析は好きでないのですよ。自分のことは自分が一番知ってますし、嘘つきだということも(笑)。何を言っても虚飾に満ちたものになるでしょう。真実は胸にしまって、他の人が聞いて面白い話をすることにしますwww。

 
 私が少年の頃、週間少年ジャンプという雑誌が物凄い部数を誇っていました。それがかなり大きかったですね、はまったのは…。今の中学生くらいの人でも名前を聞いた事があるような有名作品がたくさん連載していたのですよ。

 もうぼろぼろになるまで読み、読み、読み…次の週になったらまた読む……。一体あの熱意はなんだったんだ、今もう少しくれ!(爆笑)と思わないでもないですが、とにかくそれしか人生の楽しみがないと言わんばかりに読んでいました。まぁ今でも同じですが(苦笑)。漫画が好きになった理由のひとつに、子供の頃少年ジャンプが絶頂期だったということは絶対あると思います。

 次にアニメですが…。これは大分後ですね。ジャンプの漫画がTVアニメになって、それらは見ていましたが、あくまで「動く漫画」という意味で好きでした。アニメーションとしての興味はなかったです。

 アニメそのものとして興味を持ち出すのは、やはり宮崎駿さん、高畑勲さんの存在です。特に20歳くらいの時にみた再放送の「赤毛のアン」が決定的でした。高畑さんの監督作品ですが…もう素晴らしかったですね。原作小説はその影響で読み、面白かった事は面白かったのですが、私にとってはアニメに及びませんでした。それはやはりモンゴメリの「赤毛のアン」ではなく高畑勲のアンに、アニメーションという表現に惹かれていたのだと思います。 
 
 ただこの「高畑アン」に惹かれるのは前提があるんですよ。私はアニメーションの前に映画が好きになりまして、そのマニアの眼でみたためはまったのです。多分普通の、マニアでない人には「高畑アン」の凄さは解り難いのではないでしょうか。

 このことは以前の徒然草にも書きましたので、この辺にしますがひとつ繰り返して言いたいのは……

 「アルプスの少女ハイジ」は
 
 高畑さんの監督作で

 宮崎さんじゃないんですよ!!



 ということです(苦笑)。絶対勘違いしている人が多いと思うので強く申しておきます。よく見れば解りますが、あれは完全に高畑演出です。宮崎さんが重要な役割を担っておられたことは解りますし、それが作品に多大な貢献をしていることも存じていますが、「ハイジ」の根っこは高畑勲以外の何者でもありません。私はハイジも大好きです。高畑さんの作品の方が、どちらかというと私の好みなんですよ。勿論宮崎さんの作品も好きですけど…僭越ながら私自身作り手の端くれとするばらば、最も影響を受けたアニメーション監督は高畑勲です。目標のひとりですね。

 …一寸熱くなりましたが(苦笑)。あまりに宮崎さんに比して高畑さんの知名度が低いような気がするので(多数の人が『ハイジ』や『マルコ』を知っていても高畑さんは知らない)、ここで広めておきたいと思います(笑)。


 で、最後に映画ですが…。これは漫画を描くための勉強として、20歳頃に週5、6本ペースでビデオを一年くらい見続けたのが原因ですね(笑)。時々映画館にも行き…。

 
 続きは次回にします。長すぎるので以上!w 
この記事のURL | 映像表現全般 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。